Deutsche Tageszeitung - ポツダム、マイク・シューベルト市長、市役所報道官のマイク・ブランズローと55ユーロを3分間で

ポツダム、マイク・シューベルト市長、市役所報道官のマイク・ブランズローと55ユーロを3分間で


ポツダム、マイク・シューベルト市長、市役所報道官のマイク・ブランズローと55ユーロを3分間で

マスコミは、あからさまな無能、公権力の不祥事、役人の泣きべそをよく報道している。これらのレポートは、多くの場合、一般の人々の利益となるように作成されています。

1993年5月13日に制定されたブランデンブルク州報道法(ブランデンブルク州の新聞法)は、第3項において、「報道機関の公共的任務」として、「報道機関は、特にニュースを調達して広め、コメントし、批判し、その他個人および公共の意見の自由な形成に寄与することによって公共的任務を遂行する」と述べています。この点で、刑法第193条の意味における正当な利益を根本的に保護するものである。"

Textgröße ändern:

ブランデンブルク州の州都ポツダムは、183,154人(2021年12月現在)の人口と、16の印象的な城、宮殿、壮大な建物を有しており、これらの壮大な城を見るために、観光客は市内に車やバスを停めなければなりません。

2021年11月以降、マイク・シューベルト(SPD)はポツダム市長となり、市民から月額10,786.67ユーロ(B7等級)を受け取り、さらに交通費と社用車の任意の払い戻しを受け、それによってポツダム市民は、ガソリンとディーゼル価格の上昇に伴うインフレの時でさえ、最近では運転手付き高級アウディA8リムジンでマイク・シューベルト市長を見てきたと主張しているのである。(出典:https://www.gehaltsvergleich.com/news/was-verdient-eigentlich-ein-buergermeister)
次回は、マイク・シューベルト市長の社用車使用、インフレ、社用車の私的利用について詳しく見ていきたいと思います。

今、話題になっているのは、州都ポツダムで駐車違反の可能性があり、すぐに55.00ユーロになることです(表紙写真参照)。
しかし、停車と駐車はどう違うのでしょうか?停車とは、交通状況や命令によるものではない、意図的な旅の中断のことです。一方、すぐに介入して走り去る可能性がないのに車を離れたり、3分以上停車している人は駐車違反となります。歩道やサイクリングロードに駐車した場合、55.00ユーロの罰金が科せられます。
州都ポツダムの3211課(ワーキンググループ検査フィールドサービス)の職員がバルブの位置まで書き込んでいることを考えると、今は停車中なのか駐車中なのか、自問自答することになる。我々が犯行現場とされる場所を視察した後、市の検査局フィールドサービスの勤勉な職員は、確かに車両の運転手を見たはずだ。バルブ位置の記録と表記は数秒ではできないし、たった「3分」の「駐車」が、実際には「駐車」であり停止ではないかどうかは、罰金のカタログにはっきりと書かれているからだ......。

この件に関する我々の報道記事の発表により、州都の報道局長代理のヤン・ブルンズロー氏が現場に呼ばれ、昨日、2022年7月20日(水)17時38分に我々に宛てて、"あなたやあなたの編集局のジャーナリストたちが、報道コードによる報道上の注意義務で定められているように、重大メディアが行うように、単に問題の事実を我々に説明し、それに応じて我々が対応できるような報道上の質問を繰り返し行わないのは遺憾だ "と書いているのです。
ヤン・ブルンスロー氏は、自分がよく知っているポツダムの地方紙に、このことはプレスコード(法律ではなく、単なるカジュアルなガイドライン)には一字一句書かれていない、と聞くこともできたはずだ。ブルンツロー氏は法曹界にも良い人脈を持っているはずである(RENO)。それによって、州都ポツダムの報道局長代理のヤン・ブルンツロー氏の前述のメールでの「評価」は、全く疑わしいと思われるのである。(出典:https://www.presserat.de/pressekodex.html)

前述の州都の報道・広報部門長代理のヤン・ブルンズロー氏のメールは、さらに驚くべきものだ。介護度5の重度障害児のスキャンダルに関連して、過去に報道記事についてあまり聞いたことがない。それによって、このスキャンダルをここで思い出すことになる。https://www.BerlinerTageszeitung.de/politik/89529-mike-schubert-brigitte-meier-ursula-nonnenmacher-oder-der-skandal-in-potsdam-um-ein-schwerbehindertes-kleinkind-und-seinen-kita-platz-2.html.

メディアに関して言えば、この時点でドイツ連邦共和国のメディアの状況は大きく変わったと言わざるを得ないでしょう 今日、環境に有害な紙で作られた印刷物の新聞に対抗するものは、インターネットの存在、携帯電話の提供、オンライン新聞、ソーシャルウェブでの存在です。
2012年、ドイツにおける印刷された日刊紙の発行部数は、現在よりかなり多かった。2021年の統計では、2022年になっても印刷された新聞は1100万部売れると予測されていた-そして、それは2034年に終わるという。今日の視点から見ると、印刷された新聞の結果はさらに悲惨である。現在のジャーナリストの計算によると、印刷された日刊紙はすでに2033年に最後の発行となり、あと11年である。
このとき、「印刷された新聞は昨日の出来事だ」という古風な言葉が頭をよぎります。

インフレ圧力が高まっている。ドイツでは、多くの人が、これからますます余裕がなくなることを心配しています。連邦統計局によると、2022年6月のインフレ率は+7.6%という驚異的な数字でした。間違った場所に駐車したとされる55.00ユーロの罰金は、公共の財布のために適切な時期に来ているようだ。 ポツダム市、市長マイク・シューベルト(SPD)の責任範囲内で、それが正当化されるかどうかは、少なくとも罰金のカタログに関しては疑問視されなければなりません、55.00ユーロは10786.67ユーロの月給でマイクシューベルトにたくさんあるかどうか、読者は自分で決めることができます...。

近々、ポツダムの建設現場、封鎖された道路、自治体の整備の遅れ、公用車の私的利用、代表代行とそのジャーナリストとしての履歴、その結果としての地方紙との接触、ポツダムの家賃、ポツダムの居住許可付与の待ち時間-ウクライナ難民のために、もちろん、文化都市としてのポツダムとその振興について10(テン)の報道記事シリーズでレポートする予定です。  (P.Vasilyevsky--DTZ)。